支援費制度は、障害者福祉サービスで、障害者自らがサービス事業者と契約し、費用は市町村が負担する制度のことを言います。

身体障害者(児)及び知的障害者(児)が、その必要に応じて市町村から各種の情報提供や適切なサービス選択の為の相談支援を受け、利用するサービスの種類ごとに支援費の支給を受け、事業者との契約に基づいてサービスを利用できます。

介護保険を利用できない方(年齢や、難病認定をされていない、障害者)も支援費制度が利用できます。