障害者総合支援法は、障害者や障害児、難病患者が、地域社会において、基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい生活を営むために、福祉サービスの給付や地域での生活支援に関わる人材育成などの総合的な支援を行うことを定めた国の法律です。

正式名称は、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」。

身体障害者、知的障害者、精神障害者、難病患者にかかわらず、障害福祉サービスや公費負担医療などを一元化し共通制度のもとに提供すること、地域生活や就労を支援する事業や重度障害者を対象としたサービスの充実をはかること、多様な障害者の実情に見合った基準(障害支援区分)を採用することなどが含まれています。