介護保険とは、健康保険と同じように国民全員が40歳になった月から加入して保険料金を支払い、介護が必要な人が適切な介護サービスを受けられるように支える仕組みのことをいいます。制度を利用するには、症状や病状による、「要介護認定」を受ける必要があります。

  • 65歳以上の被保険者は、介護が必要な状態であれば、その原因が何であっても、認定を受けて介護保険のサービスを受けることできます。
  • 40歳から64歳の被保険者は、医療保険の加入者であることが被保険者の要件。介護保険法で定められている「特定疾病」が原因で介護が必要になった場合にのみ、認定を受けて介護保険のサービスを受けることができます。

 

介護保険で受けられるサービスは、大きく分けると以下の3つです。

  • 居宅サービス…利用者が自宅に居ながら、サービスを受けることを希望した場合、居宅サービスが提供されます。
  • 支援サービス…利用者が適切なサービスを利用できるように、利用者の依頼を受けて、ケアマネジャーや保健師などがケアプラン(居宅サービス計画)を立て、サービス提供事業者との連絡調整を行います。
  • 施設サービス…利用者が施設入所を希望した場合、施設サービスが提供されます。

申し込み方法や料金のシステムはとても複雑です。近隣の介護事業所や市区町村に紹介を願い、ケアマネジャーに諸々の手続きをお願いするとよいでしょう。