2016.7.14 噴水

あかん、あかん。あっと言う間に夏になってしまった。梅雨はまだ明けていませんが、いやあ、もう夏です。
ブログの更新も、こういつも遅いとねえ、自分の症状や心の変化を記録することなど出来ませんね。頑張って続けないと。症状は日々変わっていきますからね。

体調に関しては、一昨年の秋に肺炎を患ってから、ようやく落ち着いた感じです。昨年は従兄妹の居る九州や、僕の実家の大阪など、行ける時に行こう、と誓いましたが、結局、飛行機や新幹線に乗る体力や気力がなく、どこにも行けなかった一年間でした。
肺炎の後、腕や手も随分と動かなくなりましたしね。ぐったりでした。

今年、何かが復活して、何処かが動くようになった、というような奇跡は何もありませんが、暖かくなるにつれて、ようやく、外出してみよう、電車に乗って出掛けられたねえ、と、少し活動的な部分が戻って来ました。疲れますけれど、少し位なら電車に揺られて遠出も出来る位の体調に戻ってきました。一年掛かりましたね。去年は全然出掛けられなかったものねー。

手や腕が動かなくなった部分は戻りませんし、出来なくなったことがやたら多くて、それの対処法を考えるのにも疲れていたということもあるのでしょうね。
諦めではないですが、それに合わせることにやっと慣れてきた、ということなのでしょうか。
理由はどうであれ、ここ何回か、外出が出来ています。電車の中や都心は、あまりの人の多さに目を回しますが、「自分」を、心で見ている風景の外に置くことは大切。
自分の殻の外の世界から、偶然でも必然でも、望もうが望まなくとも、色んな音を聞き、止まらないものを見、吹き過ぎて行く風を感じることは大事です。
世界と自分の距離が分かる。
自分の色眼鏡と物差しだけで生きてゆくと、どんどん歪んじゃいますものね。誰かに叱ってもらわないと。

僕たちの旅は、何処か風を捕まえるようなものかも知れませんね。
肌を擦り抜けて行ったときに、心地良さを感じますが、振り向いて見上げた空に、求める風の姿はもう見えない。でもいつか、風はくるりと向きを変えて、また僕の足元にやってくる。

何を探している?
それは分からないけれど、自分が何処に立っているのか、ということ位は知って置かないとね・・・。
夏の噴水に虹が見える。いい季節がやって来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください