2012.1.4 おめでとうございます

明けましておめでとうございます。
お正月は母と兄が来てくれました。バリアフリーではない実家には僕は行けませんからね。姪っ子や甥っ子に会えないのは寂びしかったですが、久しぶりに家族と良い時を過ごせました。
昔話に花が咲き、遠い遠い親戚の名前が出たりして、そういえば○○ちゃんはどの繋がり?なんて、こりゃもう家計図をどっかで整理しないと分からん、世代が代わって今はどうなってんだ?みたいなことになり・・・。うーん、ずーっと繋がっているのですね。

昨年はいろんなことがあって、みんな誰かのために生きてゆこうと、何回も自分を振り返ることが多かったですね。小さいことしかできないけれど、でも、それはみんなも同じことで、結局大きいことをしたり、大きい結果に繋がるのは、みんなのほんの小さな優しさが集まり重なり合ってこそ成し得るってこと、何となくですがそんなことを教えられたように思います。初めから大きいことなんて何もなくて、すべては小さなことの繋がりなのですよね。

いつかのブログに書きましたが、
「君のまわりに、君を含めてみんなで10人の友達がいるとするね。そうしたら、君は自分のことは考えず、その友達のことだけを考えてあげなさい。そうすれば君のことは、9人の友達が考えてくれる」
そうなんだろうな、とあらためて感じました。
自分のことを自分で考えてもたった一通りです。自分のことは友達が考えてくれる。9通りの元気が支えてくれる。これは、誰かに頼って生きてゆこう、ということではありません。誰かの為に生きてゆくことで、自分は生かされるということです。

すべてが「縁」の繋がりでできている、そう思うことは間違いでしょうか? 僕はまだまだ真っ直ぐには生きてゆけない。誰かの為に生きてゆくことは難しい。でも、自分の命の光が消える日まで、そう願って生きてゆかないと、そういう人にはなれない気がします。理想論で結構。でも、人はきっと一人きりになると、すぐ悪人に戻ってしまう気がします。
いつか優しい人になれればと思います。
どうか教えてください。今年もたくさんの「縁」のなかで繋がらせていてくださいね。
本年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください