2011.3.16 粛々と

ブログを書こうか迷っていましたが、やっぱり書きます。

このブログを読んで頂いている方々は、ごく近しい友人、知人がほとんどだと思いますので、僕の無神経な、或いは人間としてどうか、という言葉も許して頂けるかな、と甘い考えもあります。もちろん、僕の天邪鬼で、そして曲がった常識感にお叱りを頂く、ということも自覚しています。その上でやっぱり文字にします。

粛々と生きます。粛々と与えられた使命を果たします。僕は元気ですから。決して慌てないし、決して騒がない。決してモノを買いあさらないし、決して必要以上のモノを求めない。決してニュースに惑わされないし、決して誰かを恨まない。
停電だって、なければそれが一番いい。鉄道会社が自粛したから混乱したけれど、でも自粛してもらえなかったら、多くの家庭が停電になったのだもの。計画通りに停電しなかったことで、恨みをぶつけることは、どこか違う。お互いさま。お互いさまです。
長野県の山奥の小さな商店には、商品が少しずつでも、しっかりと残っているらしい。買い物に来られたお婆さんに、買い物はそれで足りるのか、と聞くと、次の方に残しておかないとね、と答えられたとか。

なぜ、僕の町のコンビニから食品が消えるの? カップ麺が消え、ロウソクが消え、ガソリンスタンドから燃料が消える。ここはどこ? 僕たちは全然大丈夫じゃないか。
慌ててはいけない。僕たちが先頭に立たないといけない。自分の家族を守ることはとても大事だけれど、今することは普通に生活を続けることで、だからこそ物資は被災地へ届くのだと思います。

「縁」が大切なように、「気」も大切でしょう? 僕たちが不安に思い、騒ぐことで、その小さな悪魔の気は、集まり重なり大きくなって被災地へ届きます。不安が不安を呼び、被災地の方々はもっと不安になる。僕たちが粛々といつもと変わらない生活を続けることで、その元気な温かい気はまとまって被災地へ届くのだと思います。
僕はとっても元気で大丈夫です。停電になっても、人工呼吸器はなんとかします。スーパーからモノが無くなってもまだまだ生きて行けますよ。

出来ればお願いします。周りに、心配されて不安がられて、冷静でいられない方がいらっしゃったら、先頭に立って、示してくださいませんか。一緒にモノを買いあさるのではなく、自分たちは一番最後でもまったく大丈夫だから普通に生活しようと。粛々と生きようと。祈りを捧げようと。

東北関東大震災により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください