2010.4.20 新薬~

今朝の新聞に、第3の多能性幹細胞を発見!との記事がありました。
皆さんもご存知の、ES細胞、iPS細胞に次ぐ発見というわけです。Museミューズ細胞と名付けられたようで、iPS細胞に比してガン化しにくいのだとか・・・。でもまだまだ培養が難しい。それでも、人の神経や筋肉や臓器に細胞化する万能細胞はすごい発見だ!
これだけを捉えると、そういうことになります。

うーんと前向きに考えると、いつか万能細胞が確立されて、脊髄損傷の方や、僕みたいな神経難病の方の失われた神経や細胞を新しく作ることで、みんなまた歩けるようになる。
だから希望を持って頑張るのだ。良いニュースだ。と思えます。
でも、うーんと前向きに考えず、ふつーに考えると、万能細胞が出来るまではまだまだ10年も20年もかかるのだろうな、それまで僕は動けているだろうか、生きているだろうか、と思います。

悲観的に考えているのではないですよ。もちろん万能細胞にとても期待します。
思うことは、10年や20年後の未来像ではなく、今日や明日、半年先や一年先であっても、僕は毎日毎日途方に暮れ、少しずつ動かなくなってゆく身体を感じ続けるという現実が苦しいのです。今の症状のまま冷凍睡眠して、万能細胞が確立された時に目覚めさせてくれるなら良いです。
でも、いつか暗闇の世界に入る、自分では自分を動かせない世界に入る。それはいつ?

50年後と決まっているなら我慢します。でもそれは来年になるかも知れない。確かに分かりませんよ。いつそうなるかなんて。誰にも。でもそこへ向かっていることは確かなのです。何十年後かに急に寝たきりになるのではなく、毎日少しずつ身体が動かなくなってゆくことを実感するのです。それがたまらない。う~ん。愚痴だな~。すみません。

最近よく悩みます。ここのところの進行はとても早い。ブログを始めた時は右手の小指が開かず、人差し指が上にあがらない、みたいなことを書きましたが、今は左手の指も上がらず、とうとうPCのkeyは左右とも指1~2本でしか打てなくなりました。首と体幹を支え続けるのが辛くなり、一日中車椅子には座れず時々横になります。

万能細胞かぁ。来年くらいに出来ないかなぁ。無理かー。新聞記事はここ5年くらい前からずっと切り抜いてファイルしています。発見~!という記事は見ても、完成~!という記事は見ません。う~む。好きな本読んで、映画見て、美味しいもの食べようっと。今夜はマッコリ飲みました。30年後も飲んでてやるっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください