2010.3.12 作って食べよう~

今回はアウトドアクッキングのおはなしを。最近雨ばかりだったのと、昨夜大自然の番組を見たので無性にキャンプに行きたくなったのです。と言ってもまだまだ寒い。ならば気分だけでも・・・と簡単料理をご紹介します。ん?ALSブログとまったく関係ない?
良いのじゃ。

アルミ缶ごはん:飯ごうやお鍋などなくても缶ビールの空き缶でご飯が炊けます。350mlの缶ビールをおとっつあんが飲んだら綺麗に洗って、米を一合入れる。水を入れて飲み口を指で押さえてカシャカシャ振れば米が洗えます。洗ったら再度水をすりきれいっぱいまで入れて、塩昆布を適量入れてアルミホイルできっちり蓋をする。アルミ缶を火にかけて沸いた水が缶に垂れて茶色く焦げてきたら直火から離れた弱火のところへ移し5分待機。その後、火から下ろし10分蒸らす。缶切りで開けて召し上がれ。おこげと塩昆布が合い混じって美味しいよ~。

牛乳パックホットドッグ:コッペパンに洗って水切りした千切りキャベツとソーセージを挟み、アルミホイルを二重にして丸ごと包む。牛乳パックにアルミホイルに包んだパンを入れ、牛乳パックの底側が注ぎ口より若干高くなるように横置きにする。牛乳パックの注ぎ口側は全開で閉じる必要なし。注ぎ口側よりも底側が若干高くなるように置くのは牛乳パックの中に空気を入れるためと、熱が外に逃げないようにするためですな。注ぎ口側に直接火を点ける。徐々に牛乳パックは燃えて行き、底部側まで燃え尽きたら出来上がり。ホクホクドッグをどうぞ。

同じく牛乳パックおつまみ:作り方は上記と同じ。アルミホイルを二重にして中に入れる食材を変えるだけ。
キャベツ、もやし、ベーコン、お湯でほぐした生焼きそば麺、粉末焼きそばソースを振りかけてアルミホイルでくるんで牛乳パックに着火。自然派焼きそばなり。
または、えのき、コーン、バターを包んでGO!
或いは、輪切りトマト、スライスチーズを包んでGO!
注)牛乳パックは乾いてないと燃えないので、現地でミルクを飲んだばかりのものは使えません。おウチで飲んで洗って干しておきましょう。

そんな牛乳パック料理をいっぱい作って、並べて一緒に注ぎ口側に火を点けると良いです。底部を少し高くすることをお忘れなく。小石かなんかを利用すればいいでしょう。隣り合った牛乳パックの火がお互いに熱して同時に熱々おつまみの完成ですな。
なんだ、牛乳パックなら炭いらないじゃん。そうです~。ブロック石かなんかの上でOKですもん。少し焦げたりしてもおウチで作るのとはまた違った趣。子供達に作らせると楽しいかも。きゃー、キャンプ行きたい。

小さい頃からキャンプへ行った想い出は、ばかちん話しが数知れず。面白いのでまた紹介します。そういえば豪雨の夜、テントと寝袋ごと流されたっけな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください