2010.2.14 無為徒食

バンクーバーオリンピックを夜な夜な観ています。上村愛子ちゃん残念だったなあ。試合後の彼女のインタビューを聞いてもらい泣きしちゃいました。もっともっと自分は悔しい筈なのに、支えてくれた周りの人たちへの感謝ばかりが伝わってくるコメントでした。優しい人の目は見られない。彼女の涙に溢れた目は素敵でした。う~。可哀想~。
「無為徒食」むいとしょく:なすべきことをしないでただ遊び暮らすこと-

嫌な仕事でも我慢して働きなさい、ということではありません。もっと意味が深い。どんな些細なことでも自分自身をしっかり感じなさい、ということです。ついつい僕はブログに書いてしまいますが、人は必ずこの世に生れ落ちた理由がある。その意味を探す必要はありません。でも、こんな広い地球の片隅で、例えちっぽけな命であっても、誰に見つかることもない命であっても、誰かに支えられている。そして自分も必ず誰かの為に生きている。知らずとも必ず誰かの心の支えになっている。そのことをちゃんと知りなさい、ということです。

僕も、もちろん自信はありません。自分が誰かの支えになっているとは思えない。自分はいろんな人に支えられている、ということは分かりますけれど・・・。
でも、きっとどこかで誰かが自分を必要としている。これは事実です。誰が?を探す必要はありません。この世に生れ落ちたのは、あなたが必要だからです。

世界中の選手の笑い顔や涙する姿が画面に映ります。僕はそこにはいないけれど、でも、同じ空の下で同じ空気を吸っています。祭典はテレビの向こうの話ではありません。この地球で僕が暮らす同じ空の下で行われています。
無為徒食。僕なりに僕が出来ることを。僕がなすべきことをします。
今日は気分転換にブログのデザインを変えてみました。ずっと読んで下さっている方も気分転換して頂ければと・・・。イメージ悪ければまた以前のデザインに戻しますね。

さて、僕がなすべきこと-。う~む。なにか肴を作ってお酒を飲もう! ん?
ばかちん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください