2010.2.10 2月の記録

今日はまたまた身体の調子が悪いです。起きているのがつらい。
ブログを始めてもうすぐ3ヶ月ですか。今日は身体の記録をつけましょう。本来の目的は病状を記録すること-。僕が僕自身の病状を把握するために。憎むべき進行を把握するために。

下肢。両足とも指はほんの5mmほどしか動かない。グーチョキパーはもちろん、指で何かを掴むことはできない。靴下やズボンを履く時に引っかかるのを防ぐように指を折り曲げることはできない。足首は踵を地面につければ少し上げ下げできる。空中では足首を上下させることはできない。車のアクセルやブレーキは踏めない。膝は車椅子に座っていれば多少曲げ伸ばしできる。でも伸びきることはできない。ベッドの中では膝を伸ばせない。自分の足の重さを今の筋肉では動かせない。ズボンを履く時に膝を伸ばしたり曲げたり出来ずうまく履けない。つまり下肢は人の行動に関しては何もそれらしい動きはできない。

上肢。腹筋がない。寝返りも起きることもできない。上腕の筋肉が落ちた。腕が肩の高さの70%くらいまでしか上がらない。前にならえ、ができない。洋服を着られない。羽織れない。脱げない。箸だけでも重い。頭が洗えない。ドライヤーを使えない。とにかく腕が上がらない。

手のひら。拇指球の筋肉が全部落ちた。本当に薄っぺらい手のひら。両手の親指が伸びない。拇指球筋がないから。指でキツネがつくれない。硬貨や新聞紙がつかめない。めくれない。クリップなどの小さいものを掴めない。鉛筆が上手く握れない。洗濯バサミは挟めない。靴下を持って履けない。爪きりが上手く挟めず上手く切れない。人差し指が上がらない。正確には手のひらを下に向けて机に付けた時に人差し指が上に上がらない。つまりPCのkeyを叩いた人差し指はあがらない。PCはもう2~3本の指でしか打てない。人差し指が上がらないのは両手とも。両手とも小指が外に開かない。開こうとするとプルプルと震える。

体幹。身体を起こしたまま持続するのは疲れる。腹筋、背筋がなく、肩や首も凝る。ずっと座り続けるのは疲れる。お尻の筋肉も落ちてお尻が痛い。横になっても楽にはならない。呼吸が辛い。肺を膨らませる呼吸筋も落ちてきたから。膨らませる力がない。横向きに寝ると少しはマシ。今月、訪問看護師や訪問医師から人口呼吸器をテスト的に試してみるかとの提案があった。3月主治医へ相談する予定。

あと、もうたくさんあって書くのも飽きてきた。来月、再来月、半年後はどんな風に進行しているのだろう。今と変わらなければ良いけれど。ちなみに半年前には出来ていたことが今出来なくなった。それが上記にはたくさんある。
スキーしたいなあ。ゴルフもしたいなあ。アイスホッケーも。ギターも弾きたい。まっすぐな線を描きたい。絵を描きたい。全部出来ていたのに。全部大好きなのに。なんてことだ。今日は記録だから-。誰の為でもなく自分を知る為に残そう。
それでいいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください