2010.10.5 秋の接吻

また夏みたいな感じです。ここ横浜は今日は良い天気。昨日は雨模様だったので寒かった。でも今日はよく晴れて暖かい。というか暑いなあ。毎日忙しい天気だ。

暑い夏は半袖の柔らかいTシャツを着ていました。脱ぎ着が楽なので。でも最近の肌寒い気候にさすがに半袖じゃ風邪をひいちゃう。なので長袖を引っ張り出して着てみたのですが、う~む、上手く着られない、脱げない・・・。腕を伸ばすことが困難なので、袖に入れた腕を出すことができない。腕の重さ自体を支えきれないので、袖に腕を通しながら首を通して・・・なんて複雑な動きはできないわけです。首が先か、腕が先か、などとあれこれやりましたが、結論は、長袖はベッドで寝ながら、なるべく腕を上げないで着替えるか、車椅子上では、なるべく壁を利用して腕をもたれかけて着替えるとか、そうしないと上手く出来ない、ということになりました。半袖とはやっぱり違うなあ。

今月の中旬に、電動ベッド:介護ベッドを入れることにしました。背もたれの部分が起き上がってくれるので、身体を起こすことが楽にできます。これまでは何とかベッドから身体を自力で起こしていましたが、最近は何度も失敗し、途方に暮れてベッド上でしばらくじっとしている、ということが増えました。そして体力を充電してまた身体を起こしてみる、という繰り返しでした。腹筋のなくなった僕は仰向けから身体を起こすことは不可能で、うつ伏せ気味の身体から腕立てみたいに身体を起こすしかなかったのです。その腕の力がほとんど無くなってきたので、もう自力でベッドから起き上がることが難しくなってきました。

介護ベッドはそのベッド面自体も昇降してくれるので期待しています。車椅子からベッドへの乗り移りは、お尻を滑らせての座移になりますが、腕の力が顕著に衰えてきたので、最近は移動が困難でした。高い座面から低い座面へは、滑り落ちるようにお尻を移動できますが、数cmでも高い座面への移動はとても難しくなりました、お尻を少しでも浮かせる、ということがとても辛いのです。腕の力がないから。
それで、電動昇降式のベッドなら、乗り移るときは車椅子より下げて、戻るときは車椅子よりも上げてあげれば楽に乗り移りできるかな、と思ったのです。なんだか、どんどん人間らしい動きが出来なくなってきました。いろいろ対処方法考えなくちゃ。
実際に介護ベッド使ってみたらどうなのかな。少しでも楽になりますように。

季節は秋に向かいます。季節を人生になぞらえることが出来たらいいのに。また来る春までゆっくり秋や冬を楽しもう。くるくると人生も回って生まれ変われればいいのに。しばらくは栗色の秋に接吻しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください