2010.1.4 赤秋

お正月のテレビはなんだかつまんない。
特番ばかりで、見たい番組がない場合はぶーぶー言っています。昔はもっと名作映画とかやっていたのになあ。年末は毎年「大脱走」を見ていました。何回も見ているのに、また見ちゃう。テレビ局も何故か毎年、大脱走を放映していましたね。

駅伝とかラグビーとかアメフトなどのスポーツはよく見ます。学生のスポーツは面白い。僕の学生時代の頃を思い出します。先のことは考えず4年間をスポーツに明け暮れる。アイスホッケー部の合宿では、下級生の頃はゴミ扱いでした。練習中は水分補給など許されず、転んだ隙に氷を舐めていました。夜中に宿舎を抜け出し、近くのラーメン屋へ行きました。お腹が減って、そっと宿舎の鍵を開けて隠れて行くのですが、店に入ると、先輩が先にラーメンを食べている。合宿中はもちろん禁酒禁煙なのに、先輩はばかばかビールを飲んでぷかぷかタバコを喫っている。
宿舎を抜け出したことを見つかって怒られるかとビクビクする僕らに、先輩たちは、内緒やからね、とビールをすすめてくれました。

今年の暮れ(随分と先の話ですな)、宇宙戦艦ヤマトの実写版が映画になります。アニメは僕が中学生の頃でした。古代進はキムタクが演じるそうです。森雪は黒木メイサだとか。う~む。森雪、好きだったなあ。黒木メイサ。う~む。う~む。
同じ頃、ノルウェイの森も映画公開されます。主人公のワタナベ役は松山ケンイチ、直子役は菊池凛子。小説の独特のイメージはどう映像化されるのでしょうね。

ヤマト

もう戻らない、青春の想い出。青春かあ。なぜ青い春と書くのでしょうか。赤い秋と書く時代はありませんものね。青春という言葉があるなら、積み重ねてきた想い出を振り返り、描いてきた自分の歴史を慕う、晩年の時代を、赤秋と呼んでも良いのに。
森雪かあ。黒木メイサ。う~む。う~む。
う~む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください