2009.12.31 普通の日々

普通の日々を過ごしたい。単純ですが、心から本当に望むことです。
今日は大晦日。街を見回せば慌ただしく動く人、人、人。
無事に過ごした一年を振り返り、感謝し、垢を落とし、新しい一年を迎える為に、みなさん何か思うところがあるのでしょうね。

僕は毎年そうなのですが、年末に特別に何かするということはありません。家の掃除もいつもと同じですし、車も洗わない。まあ、この身体では普通の人と同じように大掃除をすることも出来ないのですが、健康であっても、特別なことはしません。
僕にとっては、12月31日も、5月23日も同じです。8月1日も、9月10日も。365日どの一日も同じです。一年を365日で区切って生きていないのです。一年を区切る必要があるなら、1000日でもかまわない。

大晦日にすべてのことに感謝し、元旦に八百万の神を迎える。とても素敵な歴史です。でも、この世に命を与えられた感謝をするために、お正月を迎えるというのならば、4月3日にも感謝したい。7月30日にも。僕にとっては、365日すべてお正月でも良いのです。何も特別なことはしない。
このブログも12月31日に何を書こうか考えました。何かいつもよりくどいことを書きそうですが、今日は普通で良いのです。何も残らない文章で良い。普通の日々です。

昔、家族みんなで暮らしているときに、外から帰った兄がうがいをしないのを母が注意したことがありました。兄は、「僕はまだ外にいるんだ。だからまだうがいしなくて良いのだ」と言いました。実際は部屋の中にいるのに、自分はまだ外出中のつもりだからうがいはまだしなくて良いのだと。う~む。
僕も昔、たばこは不健康だからやめた方が良いと言われたときに、「風邪を引いたときは、たばこが不味くて仕方ないだろう、たばこが美味しいということは健康な証拠なのだ、たばこは健康のバロメーターなのだ」と言ったことがあります。
う~む。う~む。
うまい例えではありません。単なる屁理屈です。でも、サボる自分の行動を正当化するために、変な屁理屈をつけるのも、ある意味おもしろい。

お正月は大好きです。でも、僕は大掃除はしない。365日すべて、普通の日々です。
これも大掃除をサボる僕の屁理屈ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください