2009.11.28 首回らず

今日も良いお天気です。11月末とは思えない。
部屋の中から借景を眺めているととても温かいのですが、外はやっぱり寒い。季節は少しずつ冬へ向かっています。そういえば、小学生か中学生の頃、白い冬♪が好きでした。良い曲です。

ここ一ヶ月くらい前から肩こりが治りません。これは自分の感覚上、進行の症状なのですが、首から腕に掛けて力が入らないのでずっと凝っているのです。毎日見覚めたときに回復していない症状を確認して、ため息がでます。ああ、もうこれからは腕が肩より上へ挙がることはないのだなと。洋服を着るのが本当に辛いです。腕が挙がらないので、被るというしぐさができないのです。袖に腕を通しても服を被れない、そして一度着たものも脱げない。当然ボタンのついたシャツは羽織れないのでこれまた苦しい。いやはや折角のボタンフックも持ち腐れ・・・。

PC操作も辛いです。人差し指が上がらないので、keyボードに両手をついて人差し指でkeyを叩くと指が上げられず次の文字が打てません。もうすべての指を使ってkeyを打つことは諦めて、指一本ずつでも焦らずに打つ方が良いのでしょうが、やっぱり進行を認めたくないのでしょうね。

こんな日々の生活の中に、少しずつ病気の進行が見られます。その速さが分かります。病気に罹ったときはずっと20~30年も普通に生活は続けられると思っていました。誰か他の人の病気を見ているように。テレビや小説の中の話だと思っていたのです。

今は、自分のことなんだなと思います。一日が惜しい。誰かの為に生きられたら良いのに。
ブログを始めて、最近少しずつ懐かしい友人や知人から連絡を頂きます。嬉しいことですね。その方たちや見知らぬ人たち、それぞれ抱えた人生が幸せであればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください